最新技術の植毛!

最新の植毛、FUE植毛ロボット

自毛植毛手術には、大きく分けてFUTとFUEの2種類があります。
FUTは後頭部や側頭部の皮膚を切り取り、毛根を切り分けてドナーにする方法です。
FUEはメスを使わず、毛根をひとつひとつくり抜いてドナーにする方法です。
FUEは縫い合わせた傷跡が残らないというメリットがある反面、くり抜く時に毛根を傷つけやすく、生着率が低下するというデメリットも指摘されていました。
この欠点をカバーするべく開発されたのが、最新技術のFUE植毛ロボットです。
FUE植毛ロボットは4台のCCDカメラを使用して、あらゆる角度から頭皮の画像を撮影します。
人間の頭髪は均一に生えているわけではなく、生えている方向や密度や本数はバラバラです。
これらのデータを正確に捉え、医師がモニターを見ながら指示を与えることで、ひとつひとつの毛根を確実に採取します。
ロボットは疲れ知らずですから、多数の毛根をペースを落とさずに採取でき、患者の負担も軽くなります。
また正確なオペレーションにより、傷つく毛根を減らして生着率をアップさせられます。
植毛ロボットを使用する際には、後頭部の髪を刈り上げ、ドナー部を専用の器具で固定します。
施術中は動けないので、圧迫感を覚える人もいます。
また刈り上げた部分を隠すために、つけ毛などを利用する必要があります。
手術中は麻酔が効いているため、痛みはほとんどありません。
メスを使う手術に比べれば、ダウンタイムも短くて済むのが特徴です。
なお植毛ロボットといっても、できるのはドナー採取のみで、毛根の植え込みは人間が手作業で行ないます。
そのため美しい仕上がり具合を望むなら、やはり技術力の確かな医療機関を選ぶことが大切です。

会社でバレないハイブリッド植毛

頭髪が薄くなってしまい、他人からの視線が気になってしまっている方がいます。
この状態では安定した生活を送ることが難しい状態でもあり、何かしらの対策が必要に感じることがあります。
育毛剤などを使ってケアを行う方も数多く存在しており、薄毛を実際に解消できたという報告も多数見ることができます。
しかし、薄毛の状態次第では育毛剤では対応することが難しい場合も見られ、AGA治療を受けることを希望する場面も見られます。
AGA治療に関しては、一般的には投薬によって治療を進めることが行われていますが、毛根を復活させることができない状態では薬では対処できないという事例もあります。
この場面で活躍するものがあり、代表的なものでは植毛を挙げられます。
植毛は薄毛の状態になった方でも後頭部などは健全な髪の毛を保っていることが多く見られます。
この健全な場所の髪の毛を植え替える方法で植毛は成功させることができます。
ところが、利用者によっては急に植毛を実施した場合では、明らかに他人に知られてしまうほど劇的な変化を見せることが多く、会社などでバレてしまうことを嫌がる方も存在しています。
この場合ではハイブリッド植毛を実践する方法も用意されていて、徐々に髪の毛を自然な風合いで増やすことが可能になります。
ハイブリッド植毛の方法もいくつか存在しているのですが、有名なものでは少しずつの植え替えを実施していき、同時にAGA治療で使われる内服薬を服用する方法や、外用薬を頭皮に塗り込む方法を併用することになります。
この方法を選択したならば、ごく自然な感じで頭髪を増やしていくこともでき、急激な変化を起こさないメリットがあります。
誰しも周囲の目を気にすることがありますが、効果的な選択肢が用意されており、試してみることがおすすめです。

植毛と育毛はどちらがお得?

植毛と育毛はまったく異なる薄毛対策です。
そもそも植毛と呼ばれるものは、すべて医療行為となります。
増毛に関しては髪に人工毛を結びつけていくケアなので、育毛エステでも行うことができます。
これに対して植毛は、皮膚に人工毛または人毛を植え込んでいく施術なのです。
医療行為に該当するため、医師や看護師でなければ施術はできません。
今話題の自毛植毛は、自毛を植毛するので髪が成長するのが特徴です。
後頭部などの薄毛になりにくい部位の株を使用し、薄くなった部位に移植していくのです。
育毛は主に育毛エステで行われるケアであり、こちらは医療資格がなくても行なえます。
育毛剤はドラッグストアでも販売されており、医師の処方なしに購入することができます。
医薬部外品なので発毛剤ほどの効果はありませんが、作用がマイルドで副作用がないのが特徴です。
植毛と育毛を比較した場合、1回あたりの費用は植毛のほうが断然高いです。
しかし、その分効果も高いので費用対効果は優れていると言えます。
育毛は薄毛の症状が軽いうちは効果的ですが、重度になるとあまり効果が出なくなります。
育毛サロンで解消できないレベルの薄毛ならば、育毛ではなく医療機関で本格的に発毛治療を受ける必要があるでしょう。
どちらがお得なのか分析すると、育毛では対処できない重度の薄毛に対しては、医療行為である植毛のほうが確実に効果は高くなります。
リスクとしては治療費が高額になること、健康保険が適用とならないこと、未熟な医師が施術を行うと肌トラブルが生じやすいことなどです。
育毛に関しては薄毛予防の方法としては最も安価です。
ただし、地肌が目立つレベルになると、育毛では髪を増やすことは困難です。
中度以上の薄毛に関しては、育毛という方法はあまり得策ではありません。

■日本製の育毛剤よりコストパフォーマンスが良い商品です
ロゲイン
■植毛前に病院に行こう
神奈川でAGA治療するならこちら
■植毛に抵抗のある方はこちらをどうぞ
気になりはじめたらフィンペシアで改善